運転免許

運転免許の種類

運転免許を取得するといっても、その種類は様々です。どのような種類があり、どのように区分されているのでしょうか。大きく分けて三種の区分に分けられているといいます。

運転免許012

まず、第一種運転免許です。まず免許と言えば一般的なもので、その中から普通免許、中型免許、大型免許、原付免許などと分類されていきます。それぞれ運転をする物が変わってきますので、自分が必要となる免許を選ぶ必要があります。けん引免許と呼ばれる、例えばタンクローリーなどの離れた荷台を引っ張るような自動車についても、旅客目的でない限りは大型特殊免許の扱いになり、第一種運転免許の中に分類されています。免許の中でも運転可能になる数が違うものも多く、例えば普通免許を取った場合は原付も一緒に運転可能になりますし、大型免許を取った時には大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付き自動車と、全部で六種類も運転可能になるそうです。免許いくつか種類あり、大型第二種免許、中型第二種免許、普通第二種免許、大型特殊第二種免許、けん引第二種免許(旅客目的等)と、五種類に分かれています。

第二種運転免許は、旅客の運送のために使われるものの運転を目的としています。誰かを乗せて代わりに運ぶというような、代行運転をする場合にもこの免許が必要になります。タクシーなど、一般的には営業目的になることが多いようです。

仮運転免許は、仮免と省略されて呼ばれることが多いです。名前の通りまだ仮の状態で、講習や試験を受けて合格した段階で取得できるもので、実技の段階ではまだ合格していません。仮運転免許があって始めて一般道路での練習などを行うことができるそうです。