免許証番号の意味

運転免許証には、左下の辺りに番号が振られています。この番号は全部で12桁になっており、それぞれ違ったものが割り振られています。誰かと重複することはなく、番号から個人を特定することも可能となっています。この番号は更新や個人情報の変更を行っても同じ番号を使用することになりますが、免許証を紛失、盗難などに遭った場合は悪用防止のために別の番号が割り振られます。

この12桁の番号は、それぞれ意味が違っています。まず頭の1桁目と2桁目は、それぞれの公安委員会の番号となっており、運転免許書を一番初めに取得した都道府県等のコードになっています。例えば東京都は30、大阪府は62となっています。3桁目と4桁目は、初めに免許を取得した西暦の、下2桁になっています。例えば1982年の場合は82、といったようにそのままの番号が割り振られます。次の5桁目~10桁目は、公表されていません。都道府県によってはランダムになっているところもあるそうですし、通し番号になっている場合もあるそうです。例えば試験の成績であったり犯罪の履歴であったりと様々な噂は流れているそうですが、実際のところは分かっていないそうです。11桁目は、チェックデジットに当たります。1桁目~10桁目の数字をある法則で計算すると、チェックデジットの数字が算出されます。運転免許に限らず、数字が並んでいる場合に間違いを防ぐためのチェックのために使われます。もしも10桁の番号をランダムに並べて偽造したとしても、このチェックデジットの数字が合うかどうかですぐに見破ることができるそうです。最後の12桁目は、再発行の回数です。普通は再発行をする機会も少ないので0になっていることが一般的です。