視力検査に必要な視力

運転免許取得をする時や更新する時に、視力の検査は必須となっています。眼鏡やコンタクトレンズを装着して、一定の視力に達していない場合には免許取得ができなくなってしまうので、注意が必要です。

視力検査は、一般的なランドルト環を使った視力検査が一般的にCの形の空いた部分を答えるものです。普通免許や二輪免許、大型特殊免許は片目で0.3、両目で0.7あれば問題ないと言われているそうです。原付免許や小型特殊免許は0.5以上、大型第一種や中型第一種などに関しては両目で0.8以上、更に片目が0.5以上それぞれないといけないそうです。これは眼鏡やコンタクトレンズを装着しての視力で構いません。次に、三桿法と呼ばれる深視力検査も行われますが、これは大型第一種や中型第一種、けん引免許を取得する時のみ行われる検査です。視力とは別に、遠近感を測るテストと言われています。

もしも不合格になった場合は、再検査を受ける必要があります。更新の時には期限内に再検査に合格しないと失効になってしまうそうです。これは深視力検査でも同じです。免許合宿に来たものの直前で視力が足りないことが分かり、慌てて眼鏡を作りにいったという例もあるそうです。

免許を取得する時には、「眼鏡やコンタクトレンズを装着して」視力がいくつになっているか、という記録がされています。もしもレーシック手術などで視力が回復して眼鏡が不必要になった、という場合はセンターで改めて申請を行わなくてはなりません。これは免許証に「眼鏡等」という記載がされているからであり、もしも視力が回復している場合にも眼鏡やコンタクトレンズを装着していない場合は、条件違反として罰則が科せられてしまうからです。