更新を忘れてしまった場合

運転免許には更新期限があり、それを過ぎると失効してしまいます。失効すれば当然免許の効力はありませんので、運転をした場合には無免許運転と見なされます。実際に期限が過ぎてしまった場合は、理由や期間によってそれぞれ対応をしなくてはなりません。

まず、特に理由なく、更新忘れなどで失効してしまった場合です。まず、ゴールド免許については一切引継ぎができません。半年以内であれば改めて視力や聴力などの試験をした上で講習を受ければ再取得をすることができます。これは学科や技能の試験は受けなくても問題ありません。次に、半年を過ぎて一年以内という場合です。同じく検査と試験を受講した上で、学科と技能の本免許試験に合格しなければなりません。もしも一年を過ぎた場合は、検査と試験の他、本免許試験の前に仮免許試験に合格する必要があります。丸1年を過ぎた場合は、一から運転免許を取得するのと同じ条件になることを覚えておきましょう。

次にやむを得ないような事情で失効してしまった場合についてです。例えば災害に巻き込まれてしまった場合や、長期で海外にいた場合、入院などをしていたは再取得までの期間が長く設けられます。失効してから半年以内は、更新忘れなどと同じ扱いで視力や聴力などの試験をして、更に講習を受ければ再取得が可能になります。半年を過ぎてから3年以内は、検査と試験の受講、学科と技能の本免許試験に合格すれば再取得を認められます。有効期限より3年が過ぎてしまった場合は、1から取得する場合とほとんど同じ手順を踏まなくてはなりません。やむを得ないような事情で失効した場合、通常と比べて2年は長く猶予が与えられるという認識になるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です