ゴールド免許

免許証の有効期限の欄は、緑、青、金色とそれぞれ条件によって色分けされています。その中でも、5年間で事故も違反をしていない人は金色のゴールド免許と呼ばれる色になります。事故や違反と言っても、例えばシートベルトを付け忘れていた場合や、駐車違反をして点数が引かれた場合にも、ゴールド免許は取得できません。頻繁に運転をする人は、なかなか達成するのが難しい制度と言えますが、実際にゴールド免許になれば得をするという場面も出てきます。

普通の免許の有効期限が3年であることに対して、ゴールド免許の場合は5年と長く設定されています。また、ゴールド免許の場合には、免許の更新時間を大幅に減らすことができるようになります。免許講習時には一般運転者講習、違反運転者講習、優良運転者講習とそれぞれ違った講習を受けなくてはなりません。3点以下の違反で、かつ回数が1回のみの場合は一般運転者講習を受講します。講習は1時間かかります。それ以上の違反をした場合には違反運転者講習を受ける必要があり、必要時間は2時間となります。比べてゴールド免許の場合は優良運転者講習となりますので、講習は30分で終わらせることができるそうです。また、一般の運転者や違反運転者と比べて、ゴールド免許である優良運転者は更新費用が300円~850円ほど安くなるそうです。他にも保険に加入する際に、割引が行われる場合もあるそうです。ゴールド免許を持っているのは事故を起こしにくい人である証明にもなります。保険会社にとっては保険金を支払う可能性の低い人という扱いになりますので、このようなゴールド免許の割引を行えるようです。保険会社によっては1割以上割引をするところもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です