運転の楽しさ

自動車の運転免許はなんのために取得するのでしょうか。普通は移動のための手段だと思います。しかし、ある人々にとって運転は単なる移動手段にとどまりません。自動車の運転は移動するための労力でなく、運転そのものが楽しみであるのです。

教習所では、自動車を運転することを学んでいる最中です。そのため、運転は楽しいものでも退屈なものでもなく、恐ろしい存在だったり難しい存在だったりと様々な感情を抱いていることでしょう。だんだんと運転の仕方を覚えて慣れてくると、人や乗る自動車によっては楽しいと思えるものになると思います。

運転好きを公言し、休日には愛車を乗り回し、ガレージでいじっているような人はもちろん運転好きでしょう。逆に「面倒くさい」と考えている人は、運転のことを移動するために必要な退屈な作業だと捉えていることでしょう。

何を楽しいと感じるかはひとそれぞれであり、十人十色の趣味をそれぞれが持っていることが普通だと思います。多くの人に運転が楽しいと思わせるような車があると考えています。それは操作が思い通りで、さらに攻略の余地があるような車でしょう。思い通りに動かすことができ、自動車の動きが自身を刺激してくれるなら運転は楽しいに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です