代理店を介した割引

 最近は自動車学校に入学するに当たり、ネットを介するケースがほとんどを占めます。ですからオンライン専用の割引が氾濫しているのが実情です。若い人であればネットの使い方が分からないことも無いでしょうから、積極的に使用して費用を節約されると良いでしょう。電話で質問すると同時に申し込むのも悪くありませんが、オペレーターとのコミュニケーションが上手くいかなければ、正しい情報を得られないまま、特定の教習所に入学してしまうこともあります。ネット上でよく比較検討した上で選択するのが無難でしょう。

 ネットから申し込む場合は、教習所のサイトではなく、代理店のサイトを介して行うことがほとんどです。仕組みは単純で、代理店は販売するプロですから、教習所が直接募集する場合に比べて、より多くの受講生を獲得できるわけです。代理店の販売戦略の中核とも言えるのが、正に割引プランです。学割り、早割、グループ割が典型例ですが、いずれも5000円前後節約できるのが一般的です。予算の乏しい人にとっては馬鹿に出来ない額だと思われます。合宿中は予期せぬ出費が重なりますし、この5000円を飲食や日用品の購入に充てることが出来れば、大いに助かるはずです。  教習所に直接入学の意思を伝えることもできますが、その場合は割引が適用されないと考えるべきです。人によっては入学してから割引プランの存在を知ることがあります。情報リテラシーをきちんと身に付けて、無駄な出費の無い手続きを進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です