駐車と停車の違い

道には、当然ながら駐車して良い場所、駄目な場所、停車をして良い場所、駄目な場所があります。禁止されている場所に車を停めてしまうと他の車の迷惑にもなってしまいますし、見通しを悪くして事故の原因となってしまうこともあります。車に乗っていれば駐車停車は基本的なことと感じるかもしれませんが、慣れた頃こそ気が緩むので充分に注意しましょう。そもそも駐車と停車は、どのような違いがあるのでしょうか。駐車は、運転者が車から離れていて、すぐに運転できない状態を指します。また、荷物の積み下ろしや客待ちのために5分以上停まっている状態、故障などのために継続的に車を停止させている状態も「駐車」にあたります。停車は、逆に言えば「駐車にあたらない状態」を指します。すぐに運転できる状態で、5分未満の停止であれば問題ありません。駐車と停車には、そもそものルールがあります。駐車・停車がどちらも禁止されている場所としては「駐停車禁止の標識などがある場所」「軌道敷内」「トンネル内」「坂の頂上付近、勾配が急な坂」「横断歩道の端から5メートル以内の場所」「踏切の端から10メートル以内」「道路の曲がり角から5メートル以内」とされています。駐車のみが禁止されている場所は「駐車禁止の標識などがある場所」「火災報知器から1メートル以内」「道路工事域から5メートル以内」「消防設備、消防用防火水そうなどが接している出入り口から5メートル以内」などが挙げられます。試験でもよく出される問題なので暗記をしたという人も多いかもしれませんが、実際に運転するとうっかり忘れてしまうこともあります。免許を持っている人もたまに復習をするなどして、知識の確認を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です