自動車免許の検定での注意点

検定試験で一般路上を走行する際、どうしても調整できない事柄の中には、その日の道路渋滞とお天気があげられます。道路の渋滞や天候によって、運転のしやすさやしずらさには、個人的な差異がありますので自分自身が運転しやすい状況というものを識別できるという事も重要です。一般的には、渋滞はない晴天の日が運転しやすいのではないかと思われますが、検定試験の当日が万が一、渋滞で大雨の日である事も想定しておく事は必要でしょう。また、一般路上には、一般のドライバーたちが運転する車やバイク、自転車、通行人らのそれぞれが活動している事を念頭に入れておかなくてはなりません。それぞれが、それぞれの目的に沿った行動をとっている訳ですから、車やバイク、自転車、人のそれぞれの動きの波を読まなくてはなりません。サーフィンをする時などに、サーファーたちが波の動きや風の吹き方を読み取りながら波に乗るように、公道における自分以外の人々の動きを読み取れるように訓練をしておきましょう。交差点を渡る際、歩道の信号機が青で点滅していたら、そろそろ車道の信号機も黄色になるであろうと予測を立てながら進行方向に進む事で、後ろのドライバーの速度、対向車の動きなどをそれぞれに読み取っていきます。ドライバーは前方だけを見て運転しているのではなく、一般道における周囲の全方位の環境の波を読み取りながらあらゆる危険予測を回避し安全運転しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です