admin のすべての投稿

外部環境と交通事故

 運転を続けると、車には様々な物理的影響が及びます。こうした影響が重なると大きな事故にも繋がるため、基本的な作用を学んでおく必要があります。例えば慣性、摩擦、遠心力等が挙げられますが、いずれも運転速度と関係する力です。慣性は、ブレーキをかけてもなお動き続けようとする現象を指します。クラッチを切っても自動車は動き続けます。この力は相当強く、速度の二乗に比例して大きくなります。速度が2倍になれば4倍になるのが慣性なので、慣性の力を削ぐためには、速度を落とす他ありません。

 摩擦は、路面とタイヤとの間に生まれる抵抗力を言います。摩擦が大きいほど自動車は滑りにくいため、事故も起きにくいと考えられます。路面に雨水が貯まったり、タイヤが摩耗したりすると、摩擦抵抗は小さくなるため、自動車は滑りやすくなります。結果的にブレーキが効き辛くなり、交通事故の発生可能性を高めてしまいます。摩擦抵抗の低下現象は運転の仕方で生じることもあります。例えば高速運転中に急ブレーキを掛けると、道路上を自動車がスリップしてしまうことがあります。  遠心力は、カーブを曲がる時に外側に引っ張られる現象を指します。遠心力は急カーブを曲がる時に大きくなりますし、速度の2乗に比例して大きくもなります。また、車両の重量にも関係します。大型車には遠心力が働きやすく、急カーブを高速で曲がろうとするのは大変危険です。大型車に限らず、カーブの手前で速度を落とすことが肝心です。さらに、積み荷の重心にも注意を払いましょう。不安定な積み方、例えば重心の位置が高い積み方のまま運転してしまうと、遠心力で倒れてしまう可能性があります。

合宿免許に通うための費用の捻出の仕方

 合宿プランに参加する上で、あまり知られていないことがあります。それは、合宿費用の後払いを選択することもできるということです。合宿プランを選ばれる方の多くは、免許を早く取得することを目的としています。仕事で使いたい人もいれば、学生の内に取得したいと考えている人もいるでしょう。特に後者の場合、意気込みはあるものの、予算が不足していることも珍しくありません。しかし諦めるべきではありません。後払いローンを利用すれば、無理なく入学することが出来ます。もちろん支払総額には金利や手数料も含まれますが、背に腹は代えられない人もたくさんいることでしょう。例えば大学四年生の内に取得して、社会人になってから返済するのも賢い方法です。後払いローンを利用すれば、学生の内に負担するのは滞在費と雑費のみで済ませられます。

 但し、後払いローンの利用にもデメリットはあります。金融関係はヒストリーが残りますから、ローンを組んだという履歴が生まれてしまいます。それを避けたければ、ローン以外の方法を探る他ありませんが、残された方法としては、働きながら入学することでしょう。確かに仕事と両立させるのは難しいと思われますが、職場が理解のあるところであれば、また自動車免許が仕事に必須の資格として位置づけられていれば、不可能ではありません。自動車学校は案外社会人の方も多く通っていますから、若者ばかりで恐縮することも無いでしょう。特に合宿プランへの参加を大学の授業期間中に申し込めば、学生の比率も下がると思われます。また社会人専用プランも用意されていますから、気になる人は比較検討してみてください。

代理店を介した割引

 最近は自動車学校に入学するに当たり、ネットを介するケースがほとんどを占めます。ですからオンライン専用の割引が氾濫しているのが実情です。若い人であればネットの使い方が分からないことも無いでしょうから、積極的に使用して費用を節約されると良いでしょう。電話で質問すると同時に申し込むのも悪くありませんが、オペレーターとのコミュニケーションが上手くいかなければ、正しい情報を得られないまま、特定の教習所に入学してしまうこともあります。ネット上でよく比較検討した上で選択するのが無難でしょう。

 ネットから申し込む場合は、教習所のサイトではなく、代理店のサイトを介して行うことがほとんどです。仕組みは単純で、代理店は販売するプロですから、教習所が直接募集する場合に比べて、より多くの受講生を獲得できるわけです。代理店の販売戦略の中核とも言えるのが、正に割引プランです。学割り、早割、グループ割が典型例ですが、いずれも5000円前後節約できるのが一般的です。予算の乏しい人にとっては馬鹿に出来ない額だと思われます。合宿中は予期せぬ出費が重なりますし、この5000円を飲食や日用品の購入に充てることが出来れば、大いに助かるはずです。  教習所に直接入学の意思を伝えることもできますが、その場合は割引が適用されないと考えるべきです。人によっては入学してから割引プランの存在を知ることがあります。情報リテラシーをきちんと身に付けて、無駄な出費の無い手続きを進めましょう。

合宿免許の女性専用プラン

 合宿プランを選びたい女性の中には、特に異性との出会いを求めていない人もいるでしょう。そのような方は、是非女性専用プランを利用して下さい。但し女性専用プランにも種類がありますから、事前に学んでおく必要があります。女性限定プランは大きく2つに分けることが出来ます。一つは教習所でも宿泊施設でも、男性の受講生に出会うことのないプランです。もう一つは、教習所には男性の受講生もいますが、宿泊施設は女性専用となっているプランです。女性専用の宿泊施設はさらに下位分類があります。いずれにしてもセキュリティが充実していることが多いため、女性が安心して申し込めるプランであることに変わりはありません。女性専用の宿泊施設は単に安全であるばかりでなく、お洒落な外観、内装を誇るところも多く、人気のプランとなっています。

 セキュリティについては、男性の立ち入りを禁止していることに加えて、監視カメラや管理人が常時監視しているところがほとんどです。施錠システムも整っているので、夜間も安心して休息を取ることができます。因みにフロアごとに男女が区分されている場合は、フロアを跨ぐことが出来ません。女性専用プランの評判はすぐにネット上に書き込まれるため、教習所も細やかなサービスを施しています。セキュリティはもちろんのこと、女性に喜ばれる独自のサービスを提供しているのです。

雑費の実際

 合宿免許では、教習費や宿泊費に関する心配は入学時に限られます。入学後は特に加算されることはありません。しかし雑費は思わぬ形で加算されることがあります。ですから合宿プランに臨む人は、予算に余裕を持たせることが大切です。

 一番大きい雑費としては、ジュースや菓子類です。食事以外にも、教習中の空き時間に摂取する飲料や軽食はかなりの量に上ります。特に夏であれば頻繁にジュースを購入するため、その費用も馬鹿に出来ません。宿泊施設においても間食するのは避けられないでしょう。また、入学時に自炊を選んだ人は、予想以上にお金が掛かることもあります。勉強で忙しくなると、つい外食で済ませてしまうものです。外食の回数が増えれば増えるほど、出費は増えてしまいます。自炊も料理に慣れている人であれば良いのですが、初めて挑戦する人は満足できる食事を準備することが難しく感じられるでしょう。自信の無い人は、初めから食事付きのプランを選ばれることをお勧めします。

 雑費の内訳として忘れがちなのが、交際費です。受講生同士で仲良くなると、誘いを断るわけにはいきません。カラオケやボウリングに出掛けた場合、相応の出費を覚悟しなければなりません。支払えなければ迷惑を掛けることにもなりますから、十分な予算を確保することが大切です。また、日用品も忘れがちです。2週間自宅から離れてしまうと、ネイルカッターや薬を買い求めることになります。

合宿免許で出会いはあるのか

 合宿プランを選ぶ人の中には、男女の出会いを求める人も少なくありません。確かに若い人が毎日顔を合わせるわけですから、恋愛に発展することも容易に想像できます。しかし現実はそれほど甘くないと言われています。少なくとも合宿期間中に好意を確認し合うケースは稀だと言えます。但し、知り合うきっかけは生まれますから、卒業後に連絡を取り合うなどして、より深い関係性を築くことは可能です。最近はSNSでコミュニケーションを取るのが一般的になっていますから、お互いに住所地が離れていても、仲良くなることはできます。気になる人は情報収集して、お目当ての教習所における男女比等を調べ上げると良いでしょう。

 とはいえ、恋人を作ろうとする気持ちが逸り、教習所や他の受講生に怪しまれるリスクを負うべきではありません。例えば無理に連絡先を聞き出そうとすると、教習所に受講を断られることもあります。最悪の場合は警察に通報されかねません。過去にはストーカーと見做された人もいるくらいです。そうなれば、免許取得どころではなくなります。

 女性の方であれば、敢えて女性限定の教習所を選択することも可能です。女性限定の教習所であれば安心できますし、特典も女性に喜ばれるものが用意されています。例えば、エステ、シアタールーム等が完備しているところもあります。こうした施設の充実は、合宿において重要です。教習所の多くは田舎にありますから、フリータイムに遊びに出掛けることはほとんど叶いません。

楽しみの裏側

免許をとってからしばらくの運転は人間にとって未知の楽しい体験であることでしょう。しかし、しばらくすると楽しい乗り物であるはずの運転が、なぜか面倒くさく退屈なものになってしまいます。走らせる喜びを失った車であるからなのでしょう。自分が全力疾走しても追いつくことのできない、速く動く乗り物を自ら動かすことができるという体験は楽しみを提供してくれます。一方で、衝突やスリップなど事故のリスクもまた感じさせることでしょう。この楽しみと恐怖は実は表裏一体のものではないかと思います。

時速5kmの程度の速度で歩いている人と、高速道路では100kmもの速度で移動できる車では、その衝突の大きさの違いは計り知れないでしょう。ぶつかったときの影響は小さくなるように研究されているものですが、根本的に解決できてい問題ではありません。

ここで、楽しくない車が登場することになってしまいます。自動車メーカーは、より多くの楽しみを提供すること以上に危険を避けることができる車を作ることが求められるからです。自動車の誕生以来、常につきまとってきた事故との戦いは終りが見えません。事故の衝撃や運転士の操作ミスによる逸脱を最低限にするために、様々な自動車が開発されてきました。このため、操作感覚に乏しく、生身の体でも安心できる動きを追求していったのでしょう。リスクを取り去ったと同時に楽しみも取り去られたのだと思います。

運転の楽しさ

自動車の運転免許はなんのために取得するのでしょうか。普通は移動のための手段だと思います。しかし、ある人々にとって運転は単なる移動手段にとどまりません。自動車の運転は移動するための労力でなく、運転そのものが楽しみであるのです。

教習所では、自動車を運転することを学んでいる最中です。そのため、運転は楽しいものでも退屈なものでもなく、恐ろしい存在だったり難しい存在だったりと様々な感情を抱いていることでしょう。だんだんと運転の仕方を覚えて慣れてくると、人や乗る自動車によっては楽しいと思えるものになると思います。

運転好きを公言し、休日には愛車を乗り回し、ガレージでいじっているような人はもちろん運転好きでしょう。逆に「面倒くさい」と考えている人は、運転のことを移動するために必要な退屈な作業だと捉えていることでしょう。

何を楽しいと感じるかはひとそれぞれであり、十人十色の趣味をそれぞれが持っていることが普通だと思います。多くの人に運転が楽しいと思わせるような車があると考えています。それは操作が思い通りで、さらに攻略の余地があるような車でしょう。思い通りに動かすことができ、自動車の動きが自身を刺激してくれるなら運転は楽しいに違いありません。

ゴールド免許

免許証の有効期限の欄は、緑、青、金色とそれぞれ条件によって色分けされています。その中でも、5年間で事故も違反をしていない人は金色のゴールド免許と呼ばれる色になります。事故や違反と言っても、例えばシートベルトを付け忘れていた場合や、駐車違反をして点数が引かれた場合にも、ゴールド免許は取得できません。頻繁に運転をする人は、なかなか達成するのが難しい制度と言えますが、実際にゴールド免許になれば得をするという場面も出てきます。

普通の免許の有効期限が3年であることに対して、ゴールド免許の場合は5年と長く設定されています。また、ゴールド免許の場合には、免許の更新時間を大幅に減らすことができるようになります。免許講習時には一般運転者講習、違反運転者講習、優良運転者講習とそれぞれ違った講習を受けなくてはなりません。3点以下の違反で、かつ回数が1回のみの場合は一般運転者講習を受講します。講習は1時間かかります。それ以上の違反をした場合には違反運転者講習を受ける必要があり、必要時間は2時間となります。比べてゴールド免許の場合は優良運転者講習となりますので、講習は30分で終わらせることができるそうです。また、一般の運転者や違反運転者と比べて、ゴールド免許である優良運転者は更新費用が300円~850円ほど安くなるそうです。他にも保険に加入する際に、割引が行われる場合もあるそうです。ゴールド免許を持っているのは事故を起こしにくい人である証明にもなります。保険会社にとっては保険金を支払う可能性の低い人という扱いになりますので、このようなゴールド免許の割引を行えるようです。保険会社によっては1割以上割引をするところもあるそうです。

更新を忘れてしまった場合

運転免許には更新期限があり、それを過ぎると失効してしまいます。失効すれば当然免許の効力はありませんので、運転をした場合には無免許運転と見なされます。実際に期限が過ぎてしまった場合は、理由や期間によってそれぞれ対応をしなくてはなりません。

まず、特に理由なく、更新忘れなどで失効してしまった場合です。まず、ゴールド免許については一切引継ぎができません。半年以内であれば改めて視力や聴力などの試験をした上で講習を受ければ再取得をすることができます。これは学科や技能の試験は受けなくても問題ありません。次に、半年を過ぎて一年以内という場合です。同じく検査と試験を受講した上で、学科と技能の本免許試験に合格しなければなりません。もしも一年を過ぎた場合は、検査と試験の他、本免許試験の前に仮免許試験に合格する必要があります。丸1年を過ぎた場合は、一から運転免許を取得するのと同じ条件になることを覚えておきましょう。

次にやむを得ないような事情で失効してしまった場合についてです。例えば災害に巻き込まれてしまった場合や、長期で海外にいた場合、入院などをしていたは再取得までの期間が長く設けられます。失効してから半年以内は、更新忘れなどと同じ扱いで視力や聴力などの試験をして、更に講習を受ければ再取得が可能になります。半年を過ぎてから3年以内は、検査と試験の受講、学科と技能の本免許試験に合格すれば再取得を認められます。有効期限より3年が過ぎてしまった場合は、1から取得する場合とほとんど同じ手順を踏まなくてはなりません。やむを得ないような事情で失効した場合、通常と比べて2年は長く猶予が与えられるという認識になるそうです。