admin のすべての投稿

ステータスとしての車の存在

一昔前、車を所有し運転する事はこの上ないステータスでありました。車をこよなく愛す人々は、眺めて楽しみ、乗って楽しみ、洗車して楽しみ、自動車というものをあらゆる角度から味わいながら満喫しておりました。現代の若者文化の中には、車に憧れを抱く気持ちが薄れているというような風潮を小耳に挟むと、どうしても寂しい気分になってしまうものです。以前の若者と言えば中古車雑誌や車関連の雑誌を読みふけり、知ったかぶりで高級車やスポーツカーの事を語り合うものだと思っていましたが、最近ではそのような光景はなかなかみられず、親の車を年に数回運転すれば御の字というのですから驚きでもあります。時代が、車の存在を必要としなくなったという人もありますが、車はお金がかかるからこそ、ステータスとしての存在意義があったはずなのです。自動車免許取りたての頃はスポーツカーに憧れ、外国車に憧れながらも、数年間貯め込んだバイト代で購入できる範囲内の中古ファミリーカーを手に入れ、休みの日には手洗いで洗車し、ワックスをかけ磨き上げ、うっとりと眺めては、出来もしない車の改造を夢見たものでした。

カーシェアリングのメリット

最近では、マイカーを所有せずに、カーシェアリングなどを利用している人々も多くいるようです、が実際に使ってみると、時間などに縛られることから、マイカーの自由度などを知っている人々にとっては、かなりのストレスを感じてしまう人もいるようです。カーシェアリングは、やはり、その利用条件などによって、使用する人々が、各利用条件をメリットと感じるかどうかという点が、ポイントとなってくるとは思われます。実際に使ってみると、問題点などはいくつかあげられるようです。その中でも、使用している人々がメリットと感じている点は、もちろんマイカー所有から比較すると、維持費や本体購入価格などの経済面でのコストカットが、みられることなどは大きいようです。その他にも、カーシェアリングにおいて、スケジュールどおりに、行動しなくてはならないことによって、計画性のある生活を心がけるようになったなどという人もいるようです。カーシェアリングは、時間によって料金が発生する点もあります。また、シェアをするということは、自分自身が使用した後に、他の人が待っているということもありますので、どうしても時間には、厳しい面が見られます。この点をメリットと考えるか、デメリットと考えるかということになってくるとは思うのですが、車を使用する時間を制限されることに、メリットと考えている人の中には、時間にルーズにならなくなったなどと言った意見を持ってる人もいるようです。最近では、若者世代に多くの車離れが見られるなどとも言いますが、実際には、このようなカーシェアリングや、レンタカーなどの使用によって、車を所有していないだけであって、合宿免許や自動車教習所、自動車学校などでの、自動車免許の取得率は、それほど下がってはいないなどといったデータも出ているようです。

自動車免許の検定での注意点

検定試験で一般路上を走行する際、どうしても調整できない事柄の中には、その日の道路渋滞とお天気があげられます。道路の渋滞や天候によって、運転のしやすさやしずらさには、個人的な差異がありますので自分自身が運転しやすい状況というものを識別できるという事も重要です。一般的には、渋滞はない晴天の日が運転しやすいのではないかと思われますが、検定試験の当日が万が一、渋滞で大雨の日である事も想定しておく事は必要でしょう。また、一般路上には、一般のドライバーたちが運転する車やバイク、自転車、通行人らのそれぞれが活動している事を念頭に入れておかなくてはなりません。それぞれが、それぞれの目的に沿った行動をとっている訳ですから、車やバイク、自転車、人のそれぞれの動きの波を読まなくてはなりません。サーフィンをする時などに、サーファーたちが波の動きや風の吹き方を読み取りながら波に乗るように、公道における自分以外の人々の動きを読み取れるように訓練をしておきましょう。交差点を渡る際、歩道の信号機が青で点滅していたら、そろそろ車道の信号機も黄色になるであろうと予測を立てながら進行方向に進む事で、後ろのドライバーの速度、対向車の動きなどをそれぞれに読み取っていきます。ドライバーは前方だけを見て運転しているのではなく、一般道における周囲の全方位の環境の波を読み取りながらあらゆる危険予測を回避し安全運転しているのです。

メンタル面と運転の向き合いかた

気持ちと言うか、メンタル面でも十分に運転に適した心理状況であるかどうかを確認してることが、免許を取得するためには重要です。体調が悪かったり熱があるような体の調子が十分でない状態で運転すれば、適切な判断をするのが遅れてしまったり、1秒2秒のうちに判断しなければならないような状況を迎えた場合に、判断が遅れてしまい大きな事故につながってしまうことにもなりかねません。また、考え事をしていたり、悩んだことがたくさんあった場合などには、周りへの気配りが出来なくなってしまうため、安全な周囲に気を使った運転が出来なくなってしまうことにもなりかねないわけですから、注意しておかなければならないというふうに、言えるのではないでしょうか。そして、案外忘れがちなところですが免許を取得した後に、免許証を携帯しないで運転してしまうと、違反となってしまうため、特に気をつけましょう。安全第1で運転するためにも、様々な点で注意をしておかなければならないことは、自明であるという風に言えるでしょう。そして、最近では、日本で災害が発生することが多く、車の中でその災害に遭遇することもあるかもしれません。そのような場合に備えて、非常信号用具を持っていくことは、もちろんのことタイヤが壊れたことによって運転することができなくなるのを防ぐため、スペアのタイヤを積んでおいてもいいでしょう。そして、小さなトラブルであれば、修理することができるような修理キットなどを置いておくこともお勧めです。さらに、高速道路などでトラブルに遭遇した際には、停止表示器材などをきちんと積んでおかなければならない点なども覚えておかなければいけない、という風に言えるでしょう。

駐車と停車の違い

道には、当然ながら駐車して良い場所、駄目な場所、停車をして良い場所、駄目な場所があります。禁止されている場所に車を停めてしまうと他の車の迷惑にもなってしまいますし、見通しを悪くして事故の原因となってしまうこともあります。車に乗っていれば駐車停車は基本的なことと感じるかもしれませんが、慣れた頃こそ気が緩むので充分に注意しましょう。そもそも駐車と停車は、どのような違いがあるのでしょうか。駐車は、運転者が車から離れていて、すぐに運転できない状態を指します。また、荷物の積み下ろしや客待ちのために5分以上停まっている状態、故障などのために継続的に車を停止させている状態も「駐車」にあたります。停車は、逆に言えば「駐車にあたらない状態」を指します。すぐに運転できる状態で、5分未満の停止であれば問題ありません。駐車と停車には、そもそものルールがあります。駐車・停車がどちらも禁止されている場所としては「駐停車禁止の標識などがある場所」「軌道敷内」「トンネル内」「坂の頂上付近、勾配が急な坂」「横断歩道の端から5メートル以内の場所」「踏切の端から10メートル以内」「道路の曲がり角から5メートル以内」とされています。駐車のみが禁止されている場所は「駐車禁止の標識などがある場所」「火災報知器から1メートル以内」「道路工事域から5メートル以内」「消防設備、消防用防火水そうなどが接している出入り口から5メートル以内」などが挙げられます。試験でもよく出される問題なので暗記をしたという人も多いかもしれませんが、実際に運転するとうっかり忘れてしまうこともあります。免許を持っている人もたまに復習をするなどして、知識の確認を行いましょう。

免許取得後の注意点

車の免許をとったということは、確かに、運転を自由に行ってもよいという許可証のようなものをもらった、という風にも考えられるわけですが、実際のところさらに重要になってくるのは、免許を取って実際に路上教習などを経て社会の中で運転するということになった場合に、周りの車に迷惑をかけずに安全運転を心がけながら運転することができるかどうかという点に尽きるのではないかと考えられます。教習所では失敗ばかりしていても何度も何度も慎重に運転を行うことで、だんだんと車を運転することが、習慣的な動作の一つとなってきて、慣れてくるようになると、自然と安全な運転ができるようになってくるのではないかと考えられるわけです。適性テストや、性格テストなどでも、あなたは特に車の運運転が向いていませんだとか、車の運転をする際には非常に注意をしなければなりませんなどという風にテスト結果が出るようなこともあるようですが、すべて鵜呑みにするのではなく、自分は人よりも少し気を付けなければいけないんだな、ぐらいに捉えておいて、リラックスした状態で運転することもポイントの一つであるという風に言っていいでしょう。基本的には車を運転する際に重要なのは、肩の力を抜くということがあるかもしれません。力が抜いて脱力した状態でなければ不足の事態に対して早く判断を試みるということが難しくなってしまう、ということは皆さんも経験があることだと思います。いったい、どのようにして危機的な状況を回避すれば良いのか、という点などは、常に周囲の安全を見渡すことができなければ達成することは難しい、という風に言えるのではないでしょうか。免許を取るような過程では、様々な混乱に遭遇することがあるかもしれませんか、地道に、堅実に取り組むことが何よりも求められているという風に言ってしまっていいかもしれませんね。

シミュレーターについて

とりわけ、都内などの高速道路に出るまでに、非常に時間がかかってしまうような場合には、高速実習をシュミレーターで行う場合もあったりするようですし、一度自分が通うことになる教習所が、一体どのようなシュミレーターを導入しているのかということを聞いてみたりするのも良いかもしれませんね。現代では様々な科学技術を用いて、交通事故、とりわけ車に依る衝突事故を無くそうとする取り組みが盛んにおこなわれているようにも感じますが、重要なのは、車の技術の向上ももちろんですが、ひとびとの意識の向上なのではないかともかんがえられなくもありません。結局のところ、いくら技術が向上したとしいても、人為的なミスは決して避けることが出来ませんし、そのためには、しっかりと睡眠をとったうえで運転するように心がけるとか、小さな一歩からはじめてみるのがよいのではないかとも考えられるのではないでしょうか?実際、最近では自動運転の車などが登場して世間を騒がせていますが、この車が事故を起こしたときの責任はどちらにあるのかという問題などは未だ解決していないというふうにも言えますし、なかなか機微い現実が待ち受けているともいえるわけです。そのようななかで、運転免許を取得するさいにならわなければならない知識はおそらく増えていくのではないかとも予測されているようですし、常に学び続けることがなによりも重要であることは間違いないと言えそうですね。

事故と自動車免許

最近では、残酷な事故が多発しており、自動車に乗らない方が安全である、というような声すら聞こえ始める日々ですから、教習所に通っている段階で、きちんとこのような点について、把握しておくことが重要であることは、言うまでもないと言えるのではないでしょうか。しかしながら、このような修了検定に、見事合格すると、いよいよ第二段階に入るわけです。学科試験の第2段階は、実際に道路に出た際に、どのような危険が潜むのか、どのくらいのポイントがあるのかということを見ていくことが多く、技能試験では教習所内を車に乗って、実際に運転する、という作業はもちろんのこと、路上に出て、運転をしたりもするわけです。急に、路上に行くことに不安を感じる人は、多いかもしれませんが、助手席には、指導教官が座ってくれて、助手席の下には、指導教官が踏むことのできるブレーキなども存在しており、安心して、教習に臨むことができる点は、素晴らしいという風にいえるでしょう。そして、これらの第二段階を通過すると、卒業検定というものに臨まなければなりません。この卒業検定を、無事合格することができれば、晴れて、卒業をすることができるわけですが、卒業検定は、実際の道路を、厳しい指導教官のチェックの下で走り、何も問題がないという風に判断されたら、合格するわけですが、少しでも、不審な点や、不安点があったりする場合には、これが全て、やり直しという風になるわけで、特に、注意が必要だという風に見えるでしょう。そして、卒業検定を無事合格したからといって、決して、気を抜いて良いわけではありません。各都道府県などが実施して、 委員会の学科試験に合格することができたら、免許センターから、晴れて免許を取得することができるわけです。

ハイブリッドにも新しい発想を

今後、いろいろな国のいろいろなメーカーから、独自の発想による新しいタ
イプのエコノミーカーが出てくるようになったら面白くなるはずです。それは、
ハイブリッドカーや電気自動車についても同様なことで、せっかく新しい動力
源を得たのに、デザインやパッケージが今までと同じままでは、少しつまらな
いのではないでしょうか。
 今日販売されている電気自動車が、あまり魅力的に感じられないのは、多く
が既存の車のボディ・シャシーを流用しているからかもしれません。今後、エ
レクトリックカーならではの魅力を開花させていくためには、エレクトリック
カーでしかありえないような、新しい車のデザインを見出していくことが必要
になっていくはずです。
 一方、 ハイブリッドについては、その気になればすぐにでも、様々なタイ
プのクルマに適用していくことが可能です。現在は、燃費節約のためだけの技
術とみられていますが、例えばライトウェイトのスポーツカーを作ってみると
か、「実用」とは対極にあるような車を想像してみます。しかしそれだけに、
「単なる移動手段」を超えた自動車の文化的側面を、象徴する存在にもなって
いくかもしれません。そうした クルマをハイブリッドで作ることで、このテ
クノロジーが、効率改善という経済面だけでなく、文化面でも人々の生活に
資するものであることを、世の中にプレゼンできるのではないかと思うのです。
そういう、エコロジーとファン・トゥ・ドライブを融合したクルマが発売さ
れたら、ぜひ乗ってみたいという願望を持った車好きは、世界中にたくさん
存在しているはずです。

外部環境と交通事故

 運転を続けると、車には様々な物理的影響が及びます。こうした影響が重なると大きな事故にも繋がるため、基本的な作用を学んでおく必要があります。例えば慣性、摩擦、遠心力等が挙げられますが、いずれも運転速度と関係する力です。慣性は、ブレーキをかけてもなお動き続けようとする現象を指します。クラッチを切っても自動車は動き続けます。この力は相当強く、速度の二乗に比例して大きくなります。速度が2倍になれば4倍になるのが慣性なので、慣性の力を削ぐためには、速度を落とす他ありません。

 摩擦は、路面とタイヤとの間に生まれる抵抗力を言います。摩擦が大きいほど自動車は滑りにくいため、事故も起きにくいと考えられます。路面に雨水が貯まったり、タイヤが摩耗したりすると、摩擦抵抗は小さくなるため、自動車は滑りやすくなります。結果的にブレーキが効き辛くなり、交通事故の発生可能性を高めてしまいます。摩擦抵抗の低下現象は運転の仕方で生じることもあります。例えば高速運転中に急ブレーキを掛けると、道路上を自動車がスリップしてしまうことがあります。  遠心力は、カーブを曲がる時に外側に引っ張られる現象を指します。遠心力は急カーブを曲がる時に大きくなりますし、速度の2乗に比例して大きくもなります。また、車両の重量にも関係します。大型車には遠心力が働きやすく、急カーブを高速で曲がろうとするのは大変危険です。大型車に限らず、カーブの手前で速度を落とすことが肝心です。さらに、積み荷の重心にも注意を払いましょう。不安定な積み方、例えば重心の位置が高い積み方のまま運転してしまうと、遠心力で倒れてしまう可能性があります。